あずき水を飲んでみたら、むくみが減った気がする

先日、書店で「飲むだけでぐんぐんやせる! あずき水ダイエット 」という本を手に取りました。
表紙には、炭水化物好きの救世主とか、食前に1杯飲むだけで体脂肪がつきにくい太らない体になると書いてあったので、すごく気になったんです。
そこで、早速その本の通りにあずき水を作って飲んでみたら、翌日体重が減ったので、そのやり方をご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

あずき水ダイエットが今ブーム?

実は、このあずき水ダイエット、もうずいぶん昔からあるダイエット法なんです。
日本だけでなく、韓国や台湾などでもむくみ取りに効果があるとして、長年親しまれているそうです。

そんなあずき水ダイエット、今年の2月頃にテレビで紹介されて一度話題になったようですが、次から次に新しいダイエット法が出てくるもんで、あっという間に埋もれていました。
それがまたブームになりつつある背景には、どうやら数か月飲み続けて、効果が出てきたという人がちらほら出始めたからというのがあるようです。

あずき水の作り方と飲み方

(材料)
・小豆(乾燥) 100g
・水 1000ml

(作り方)
1.小豆をざっと洗う
2.鍋に1と水を入れて30分煮る

(飲み方)
食事の30分前に飲む。
一日の摂取量を300ml~500mlとして、この量を厳守する。

作り方はとっても簡単。
ポイントは、飲み方。
必ず食事の30分前に飲むことという注意書きがありました。
食事の直前に飲んでも効果がないとのことでした。

また、小豆にはサポニンやカリウムなど、利尿作用の高い成分が含まれているため、それを利用するのがあずき水ダイエットです。
だからと言って、飲み過ぎは禁物。
高カリウム血症を引き起こす危険がありますので、必ず300ml~500mlの範囲で飲むようにしてください。

なお、持病がある方は必ず医師に相談の上実施してください。
腎臓や心臓に疾患のある方は、カリウムの過剰摂取が命取りになる場合があります。

今回参考にした本がこちら。
「飲むだけでぐんぐんやせる! あずき水ダイエット」。

鍋で煮るのが面倒くさいという方は、水筒で作る方法もありますよ!

(材料)
・小豆(乾燥) 40g
・熱湯 400ml

(作り方)
1.小豆はさっと洗っておく
2.水筒に1を入れ、熱湯を注ぐ
3.蓋をして8時間以上放置

ふく子はもちろん、こちらの簡単な方法で作ってみました。
このくそ暑い時に、30分も煮るなんてできない。
ガス代ももったいないしね(-_-;)

水筒で作る方法なら、丁度1日分になります。
鍋で作る方法で、2日分。

冬場なら、ストーブの上でコトコト炊くってことができますが、今の時期は断然水筒を使うことをお勧めしますよ(^O^)/

実際に飲んでみた

実際に、あずき水を作って飲んでみました。
朝・昼・晩と、食事の30分前にしっかり飲みました。

オーソドックスなやり方を試せばよかったんですが、ふと思い立って「そばの実」も小豆と一緒に水筒に入れちゃいました(;’∀’)

そのお陰でしょうか?
口コミで「まずい」「苦い」「渋い」と言った声が見受けられましたが、それほどでもありませんでした。

飲めます。
やせ薬だと思えば、なんてこたないです。

その効果ですが、正直言ってまだわかりませんm(__)m
だって、まだ1日目なんでもん。

確かに、いつもよりもトイレに行く回数が多かった気がします。
そして、体重が1㎏近く減っていたのも事実。
むくみも取れたように感じます。

もちろん食べ物を減らしたりはしていません。
むしろしっかり食べて、食べ過ぎたかな???と心配していたくらいです。

もしかするとあずき水の効果なのかもしれませんが・・・続けてみないことには何とも言えません。
というわけで、しばらく続けてみますね!

変化があれば、またお知らせしますので、お楽しみに( *´艸`)

こちらの記事も一緒に読まれています



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!