若葉町のそばのわで美味しい十割蕎麦

長崎市若葉町の「そばのわ」に行ってみました。
今年4月にオープンしたお店で、車で通るたびに気になってたんですよねー。
で、今更ですが、訪問。
口コミの評判は上々だし、わくわくしながら入店しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

そばのわの十割蕎麦は美味しかった

そばのわさんの売りは、十割蕎麦
お店の前ののぼりに、堂々と十割蕎麦の文字を掲げているので、よほど自信があるんだと思います。

十割蕎麦って、なかなか難しいんですよね。
ふく子も打ったことありますが、打ってからさっさと伸ばして切ってゆでないと、ボロボロになっちゃうんですよ(~_~;)
素人だからボロボロになるのかと思ってたら、プロでもよほど上手に打たないと同じようにボロボロなるってテレビで言ってました。

だから、こちらのそばも、ぶつぶつ切れちゃう蕎麦なんだろうと予想(←勝手に予想)。
さてさて、実際はどうなのか、食べてみようじゃあーりませんか(-。-)y-゜゜゜

店の外観の一部。
大まかなメニューが掲示してありました。
そばのわ店舗

写真が下手すぎて、どんな外観なのかさっぱり伝わってこないですが、ご勘弁を(;´Д`A “`

店の中に入ると、ほぼ満席!
待たないといけないかな~と思ったら、お店の方がテーブル席にいたお客さんに、「カウンター席に移動してもらってもいいですか?」ってお伺いを立ててくれて、あっさり着席することができました。

メニューが来るのかと思いきや、入ってすぐ左側に食券販売機があって、そちらで食券を購入してから注文するスタイルでした。
いろいろあるけど、ふく子はシンプルにもりそば、同伴者はかけそばを注文。
さらに、サイドメニューの野菜天ととり天も注文しました。

最初に、おもてなしということで、こちらが運ばれてきました。
生姜の佃煮

そばの実粥と、生姜の佃煮です。
この生姜の佃煮が絶品!
思わず、「これ美味しい!」と言うと、「お母さんが作ってくれたのよ~」とのこと。
お母さんがどの方かわかんなかったけど、お母さん、うまいっす。
今度真似して作ってみるよ。

続いて、野菜天が提供されました。
野菜天

そして、お待ちかねのもりそば。
もりそば

メモするの忘れて、名前を失念しちゃったんだけど、ふく子が注文したのは、ちょっとお高い蕎麦粉で作った蕎麦でした。
なんだったけな~???
まあいいや。
それでは、食レポ。

まず驚いたのは、十割蕎麦なのに、ぶちぶち切れないんですΣ(・□・;)
普通の蕎麦と変わらず、ちゅるちゅるっとすすれます。
途中で切れることはありません!

驚いて「なんで~!?」って思わず口にしたら、「十割蕎麦は、スピードが命なので、注文を受けてからゆでて提供するようにしてるんです。お待たせするけど、そのお陰でぶちぶち切れることなく召し上がっていただけるんですよ」とのことでした。

は~、だから先に天ぷらが来たんだね。
全ての物事に理由があるんだなぁ(´Д`)

その後、とり天とかけそばが提供されました。

とり天
かけそば
かけそばも、もりそばと同じく、切れることなく普通にすすって食べられたようです。

十割蕎麦は、やはり美味しい。
蕎麦の味が濃いですよ。

美味しくいただいた後、そばの実も販売していることを知って購入して帰りました。
こんな身近で売ってたのね~。

評価(5段階)

味       : 3.5
量       : 3.5
コスパ     : 3.5
居心地     : 3.5
スタッフの対応 : 3.5
おすすめ度   : 3.5
また来たい度  : 3.5

あまり期待せずに入店しましたが、店員さんの対応も感じが良く、好感が持てました。
提供されるそばも、十割蕎麦なのにぶちぶち切れずに最後まで美味しくいただけました。
そばつゆが、ふく子にはちょっと甘かったのですが、長崎人にはあのくらい甘いのがウケるのかもしれない。

そもそも、蕎麦ツウなら、そんなにおつゆ付けずに食べるだろうから、気にならないと思います。
蕎麦は結構盛りがいいです。
小食の女性なら残しちゃうかも?
まあ、ふく子はペロリだったけどね(*´з`)
プラス料金で大盛も可能なので、お腹空いてる方、男性も満足できますよ。

店員のおばちゃんは気さくなので、気になったことはなんでも質問してみましょう。
会話も味のスパイスだなって、こういうお店に来ると実感しますね(*^^*)

そばのわ

住所 : 長崎市若葉町5-11
電話 : 070ー2389ー4321
営業時間 :11:30~14:30(l.o14:00) 17:00~19:00(l.o18:30)
店休日 :不定休
駐車場 :近隣コインパーキングのみ

こちらの記事も一緒に読まれています



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!