諏訪町のイタリアン da Nobo(ダノボ)

昨夜はイタリア語教室の皆と、長崎市諏訪町のイタリアン「da Nobo(ダノボ)」へ。
公会堂の向かいにある市民会館の裏手、眼鏡橋(?)を渡った、中島川沿いのお店です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

お店と料理の様子

お店の外観はこんな感じ。暗くて写真がイマイチです・・・。
ノボ外観2

本日は長崎に滞在中のローマ人男性を歓迎する会だったんです(*´з`)
挨拶を簡単に済ませ、料理が運ばれてくるのを待つ間、しばし歓談。
生のイタリア語はすごいわ~。息継ぎどこでしてんの!?ってくらい、わーーーーーーーーーーーーーーーーーって喋るし、早口言葉ばりに喋るのが速い!!

お客様の隣に座らせてもらったものの、全く話せず、かつ会話を聞き取れずに終わりますた(´;ω;`)
イタリア語習得には、時間がかかるね~。

さてさて、今回利用した「da Nobo(ダ・ノボ)」ですが、元々イタリアが大好きだったオーナーシェフが、花の都フィレンツェでトスカーナ地方の料理を学び、2年前にOPENさせました。
長崎初のトスカーナ料理のお店なんですよ!
野菜をたっぷり使用した、家庭的な味が魅力です。

勉強熱心な彼は、今年もフィレンツェに足を運び、新しいメニューを引っ提げて帰ってきたんです。
今日はコース料理だったので、また別の機会にそれらのメニューを楽しみたいと思います。

本日のコースはこちら。
前菜1。ルッコラのペーストを塗ったクロスティーニ。
前菜1

前菜2。豆の煮物3種
前菜2

前菜3。生ハムのボッコンチーニ包み
前菜3

前菜4。ジャガイモのガレット
前菜4

前菜が4種類も出てきましたね。どれもお酒がすすみます。

プリモピアットは、ポルチーニのリゾットでした。
ふく子はポルチーニ茸が大好物なので、これだけでも大満足( *´艸`)
リゾット

セコンドピアットは、長崎牛のステーキ!!!
ステーキ
フィレンツェ名物「ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ(Tボーンステーキ)」を、長崎牛のを使った「ビステッカ・アッラ・ナガサケーゼ」と命名してアレンジした、Noboさん一押しの料理なんです。
一人100gの赤身のステーキ。テーブルの人数分に切り分けてあります。
迫力ありますね~(^◇^)

デザートは、お手製のティラミス。
ティラミス
ふんわりした口当たりで、エスプレッソとよく合います。
ちなみに、イタリア人は夜はコーヒーを飲まないそうで、先生もローマからのお客様も紅茶を飲んでいました。

店内は温かな雰囲気で、ゆったりとくつろげます。
Noboさんがイタリアからわざわざ取り寄せたアンティークのテーブルや調度品がセンスの良さを感じさせます。
メニューもお洒落です。
メニュ
入口に掲げてある黒板。
ノボ外観1
店内の黒板。ちょいとブレてしまいましたが・・・
メニュ
紙製のランチョンマット。イタリア人に大うけでした。
このジェスチャーを習得すれば、イタリア旅行も怖くない!かも?
ランチョンマット

評価(5段階)

味       : 3.5
量       : 4
コスパ     : 3.5
居心地     : 4
スタッフの対応 : 4.5
おすすめ度   : 4
また来たい度  : 4

オーナーシェフと奥様の2人で切り盛りしているお店なので、アットホームな感じが好きな方にはもってこいです。
奥様が可愛らしい方なので、ほんわかします(*´ω`)
店内のインテリアだけでなく、食材もイタリア産をふんだんに使用してるので、イタリア好きな方にもおススメ。
今回は一人4,000円のコースをチョイスしました。このお値段でこれだけの料理が出てくれば上等ですよね。
なお、飲み放題のコースはないようなので、別に注文しました。

da Nobo(ダ・ノボ)

住所:長崎市諏訪町5-3 1F
電話:095-895-9987
最寄り駅:公会堂前駅[出口]から徒歩約3分

営業時間:
[月・火・木]18:00~22:00
[金・土・日・祝]11:30~22:00
定休日 水曜日

こちらの記事も一緒に読まれています



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!