ジーノさんの高級パネットーネが美味しいらしい

スポンサーリンク

Gino Fabbri(ジーノ・ファッブリ)氏のパネトーネをご存知でしょうか(本当は、パネットーネと発音します)?

先日ご紹介した、ロイゾン(Loison)のパネトーネ、ふく子は、長崎にいながらして購入できるパネトーネの中で、一番美味しいと思ってます。

ところが、楽天セール開催に伴って、パネトーネで検索したところ、大変高級なパネトーネを見つけました。

その価格、何と税込11,880 円(◎_◎;)!!!

なんだこのパネトーネは(~_~;)!?

と、気になったので検索してみたのです。

Gino Fabbri氏はイタリアの有名パティシエ

Ginoさんって誰よ?

ってことで、最初に閲覧したのは、Ginoさんのお店のホームページ。

1982年にボローニャの郊外に奥さんと一緒に、La Caramellaというケーキ屋を開業したそうです。

1996年から、イタリア菓子職人協会?に加盟して、2011年にはその境界の会長に就任されたそうな。

2009年には、パティシエ・オブ・ザ・イヤーみたいなのにも選出される。

2015年には、 菓子職人のワールドカップとも言われるCoupe du Mondeにて、イタリアチームを率いて見事優勝。

という輝かしい経歴の方のようです。

へー、知らなんだ(;’∀’)

次に覗いたのはトリップアドバイザー。

イタリアで最高のケーキ店の一つだとコメントしてる人もいるほど、評判の良いお店。

パネトーネで有名というわけではなく、パティスリーとして有名なんですね。

 

ケーキ屋と工場生産のパネトーネとパンドーロの違い

ちなみにですが、イタリア人にどこのパネトーネ、もしくはパンドーロが好きかを尋ねると、大抵の場合、Mottaだとか、Bauliの名前が出てきます。

残念ながらMottaのものは食べたことはありませんが、Bauliは超有名で、日本でも入手できます。

以前は、イオンでも扱ってました。今年はどうだろ??

で、Bauliのなんかは、工場での大量生産品。

この時期のイタリアに行くと、スーパーに山積みされてるもはや風物詩。

要するに、庶民の味なわけです。

自宅で食べる用とかは、これでも充分。

500gのものなら、1つ500円程度で買えたと思います。

もし日本でBauliのパンドーロが半額になってたら、間違いなく購入します(^^;)

日本で正価で買うのはちょっとアホらしいんだもん・・・。

 

一方、Ginoさんのパネトーネのように、Pasticceria(ケーキ屋)のパネトーネやパンドーロは、やはりイタリアでも高価。

現地でも1つが3,000円以上するのは当たり前なんです。

日本のクリスマスケーキのようなもんですものね。

まさに日本のスーパーで売ってる工業生産のクリスマスケーキと、ケーキ店で売ってるクリスマスケーキの違いと同じで、食べれば差は歴然です。

 

実は、ふく子も過去にPasticceria(ケーキ屋)のパネトーネを食べたことがあるのですが、Bauliのものとは全然違いました。

いや、Bauliのものも美味しいんですよ。それだけ食べてれば。

でも、比較しちゃうと、パティスリーの手作りパネトーネには敵わない!

そのお店は、特に有名なPasticceria(ケーキ屋)というわけではなかった。

それでもあんなに美味しかった。

ってことは、超有名なGinoさんのお店のパネトーネは、もっともっと美味しいに違いありません。

そう考えると、食べたい!!!

でも高い(ノД`)・゜・。・・・・。

 

買おうかやめようか、ここ数日画面とにらめっこ状態であります(-_-;)

 

もし買ったら、レビューしますが・・・期待しないでおくんなましm(__)m

 

ふく子が食べてみたいGinoさんのパネトーネは、以下のリンクから購入できます。

お金に余裕がある方は、ぜひ食べて感想をお寄せくださいね~~。

※2020年12月現在、ジーノ・ファブリ氏のパネトーネを販売している通販サイトはありません。

 

 

これ見たら、Loisonのパネトーネが安く思えるから不思議ですな。

 

コメント