思案橋宝雲亭の餃子は、ビールによく合う一口サイズの可愛いヤツ

シェアしてね(^-^)

宝雲亭の餃子

長崎っ子の大好物として、メディアでも取り上げられた一口餃子
酒のつまみにぴったりとあってか、思案橋やら銅座あたりで提供されることが多いように思います。
有名なのは、「宝雲亭」と「雲龍亭」で、長崎では知らない人はいないほど。
今回は、思案橋の宝雲亭にお邪魔しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

いつ行ってもだいたい満席

宝雲亭は、本店が銅座にあります。
それほど遠い場所にあるわけではありません。
ではなぜ思案橋宝雲亭にお邪魔したのか。
ただ単に、表通りだからという理由です(;´∀`)

足の悪い母を連れてなので、どうしても長い距離は歩かせたくないんですよ。
ちょっとの差かもしれないけど、足が不自由だと、その差がとてつもなく大きな差に感じるものなのです。
雲龍亭の方が駐車場から近いんじゃないかって?
そうなんですが、1階席は数に限りがあって、たいてい2階に通されるんですよね。
というわけで、思案橋宝雲亭をチョイスしたというわけ。

表通りなのに、まだ明るい時間なのに、酔っ払いに絡まれそうになり、ちょっと怖い思いをしつつ、無事お店に到着。

18時前でしたが、すでに待ちのお客さんがいました。
17時半の開店と同時に、席が埋まっちゃうんですかね~?
地元民だけでなく、テレビなどの影響もあって、観光客も増えてるのかな。

それでも、皆さんパッと飲んで食べて、パッと帰って行く感じなので、イライラするほど待たされたことはない。
回転率が良さそうですね。

場合によっては、相席を頼まれることもあると聞きますが、なぜかふく子は頼まれたことないんだな。
怖そうに見えるから(;^_^A?

料理のメニューは数種類しかないけどそこがミソ!

宝雲亭のメニューは、料理が餃子の他に数種類しかありません。
メニュー
これがね、回転率を上げるポイントなんだろうと思うのよ。

限られたメニューだと、同じものを注文するお客さんが多くなるから、調理時間も短くなる。
注文から提供までの時間が短いから、お客もさっと食べて帰る、ってなことですよ。

そもそも、宝雲亭や雲龍亭って、長崎の人はスターター?のような扱いをしてる方多いですよね。
まず宝雲亭か雲龍亭で軽く飲んで、そっから本チャンスタートみたいな。
あんまりだらだら飲んでる人は見たことないです。

メニューが少ないからこそ、さっと切り上げられるのかもしれないね!

可愛いサイズだけど、結構どっかりくるよ一口餃子

それでは早速、宝雲亭ご自慢の一口餃子をいただきましょう!
メニューによると、1人前10個らしい。

10個だけど、一口なんだよね。
ペロリじゃない?
いや、でも食べきれなかった時が困るよ。

ということで、40個注文してみました。

ついでに、ニラトジ、そして、ビールの代わりにご飯を注文しました。

周りのテーブルに餃子が運ばれてくるのを見ては、まだかなまだかな~?
ワクワクしてました ^^) _旦~~

最初に運ばれてきたのは、ニラトジ。

ニラ玉

このトロトロ加減が絶秒なんですよね(*‘∀‘)

ご飯はまだかな?
できればご飯と一緒に食べたいよ。
そう思ったタイミングで、ご飯も運ばれてきました。

ご飯

ニラトジの真ん中のトロトロ部分をご飯に乗っけて・・・。

んま~い( *´艸`)
ニラの香りと甘み、卵のコクが米粒に絡んで美味しいです!

なぜ私が真ん中を食べたかというと、家族は生卵がダメなんですよ。
健康上の問題とかでね。
残念だよね、こんなに美味しいのに。
申し訳ないと思いつつ、しっかり堪能してしまった(;´∀`)

そうこうしてるうちに、餃子も登場
餃子

あれ?
40個なくない?

店員さんが、あと10個は後から持ってくるといい残して去っていった・・・。
厨房付近をよく見たら、スタッフさん数名で必死に餃子包んでる。

わー、速い!
こんな小さな餃子を、手際よく包んでいってるよ(∩´∀`)∩
必至に包んで鍋いっぱいに焼いても、お客さんが多いから追い付かないんだね。
仕方ない仕方ない。
食べながら待ちますよ。

その名の通り、パクっと一口で食べられますが、あえて二口で。
断面はこんな感じです。
餃子の断面

皮は分厚くもなく、薄すぎることもない。
もちっと感よりは、サクッと感が強めの歯ごたえです。
具は正直言ってあまり入ってないように見えますが、噛んだ瞬間に玉ねぎの甘みがぶわっと広がります。
肉より玉ねぎのインパクトが強い!

これは、ご飯よりお酒との相性が良さそうです。
もちろん、ご飯と食べても美味しいんだけど、どちらかというと、お酒の方が合うよ。

一皿あっという間に平らげた頃、ようやく残りの10個が来ました。
餃子

やっぱり可愛いねぇ( *´艸`)

そういえば、東長崎の「満天」の餃子も、可愛い餃子だったなぁ。
過去記事はコチラをご覧くださいね。

矢上の満天の餃子は、可愛いけど味は本格的。お昼の定食は圧倒的なコスパの良さが魅力
矢上の「満天」は、長崎の餃子好きが通う一口餃子専門店です。 特にお昼の定食は、びっくりするほどお得なことで有名。 長崎の一口餃子専門店で...

ただね、可愛いくせに、食べてるうちにドッカリ来るんですよ、コイツ。
ラードかな?
多めの油で焼いてるのかな?
ちょっとわからないけど、結構油ギッシュ。
そのためか、沢山は食べられない・・・(/ω\)

もっと沢山食べられる!!なんて思ってたんだけど、この量でじゅうぶんだった。
ご飯じゃなくて、ビールだったら、油をスッキリ流してくれたんだろうか???

評価(5段階)

評価(1~5)
コスパ
居心地
スタッフの対応
おすすめ度 3.5
また来たい度 3.5

※あくまでも、ふく子個人の感想ですm(__)m

宝雲亭の一口餃子、ずいぶん久しぶりにいただきましたが、美味しいですね。
おかずというよりは、スナックのような感覚かな。
もっと食べたかったし、若い頃は一人で30個くらい食べてた気がするんですが、やはり年でしょうか(-_-;)
思ったより食べられなかったのが悔しかったな~。
ぜひまたリベンジしたいものです。

ところで、宝雲亭も雲龍亭も、どうやらご親戚のようですね。
こちらのブログで紹介されてます。
従兄弟の餃子店(宝雲亭・雲龍亭)

そっか、一口餃子はきっと一族の大事な味なんですね。
でも、全く同じ味・形ではないというのがまた面白い。

果たして大きな違いがあるのかないのか、一度じっくり食べ比べてみたいですね。

客層は、おひとり様から家族連れまで様々ですが、どちらかというと、会社帰りのサラリーマンが多い印象です。
女子会でもいけないことはないと思うけど、あまり長居はしづらいかも。
待ち時間なしで食べるには、開店と同時に店に入ることをオススメします。

宝雲亭 本店

住所 長崎市本石灰町1−8
電話 095-821-9333
営業時間 17:30~23:30 (L.O)
店休日 日曜日
駐車場 近隣に有料駐車場あり

※2019年3月時点の情報です。詳細は、事前にお店に問い合わせすることをお勧めします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク