時津のトライアルの焼き芋を食べてみた

時津のトライアルがオープンして2ヶ月。
税込み価格でお安い商品が多いので、頻繁に利用してます。
その時津のトライアル、店内入って左手に、焼き芋が販売されているのをご存知でしょうか?
良い香りが漂ってるので、食べたことがある方もいるかもしれません。
気にはなってるけど、たかが焼き芋でしょ?まだ食べてないという方のために、ふく子が実際に食べてみた感想を綴ります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

時津のトライアルの焼き芋は激安!!

焼き芋コーナーって、実はどこのスーパーでもすっかりお馴染みになっていて、店舗によって芋の種類も違えば、価格もバラバラ。
たいていの場合、価格は100g当たりの値段が表示されていて、実際に商品を手に取ったら、意外に高くて買うのを諦めたという方も多いと思います。

さて、時津のトライアルの焼き芋はどうかというと、なんと!!!

税込み99円

100g当たりの値段ではありません。
1本が99円なんです。

※2018年4月時点で、残念ながら154円に値上がりしていました。がっかり(´;ω;`)

なんて太っ腹(◎_◎;)
よそのスーパーの平均が、250円~300円の間なのに、今時99円で焼き芋が買えるなんて、夢のようです。

でもでも、もしかしたら、安いだけで美味しくないかもしれないじゃない?
というわけで、ちょいと購入して実際に食べてみました。

時津のトライアルの焼き芋は安かろうマズかろうではなかった!!

はいはい、買ってきましたよ~。
トライアル時津店の焼き芋ちゃん。
焼き芋の袋

売り場に置いてある時点で、このような紙袋に入れられています。

中はこんな感じ。

焼き芋

どうよ?結構大きい焼き芋でしょう?(伝わらんかな?)
お皿が20cm前後なので、全長18cmはあるんじゃないかしら?

沢山のお芋の中から、こいつを選んできたのは、ただただ大きかったから。

1本99円で販売しているので、もしかすると小さいサイズで統一してるのかなと思ってたんですが、実際に売り場で見比べてみると、大小差があるみたいなんです。
正確にグラムを計ったわけではないから何とも言えないんだけど、見た目は違うので、心の汚いふく子は、できるだけ大きい焼き芋を選びました。

切ってみます。
焼き芋断面

・・・おや?
思ってた焼き芋とちょっと違いますね(;´Д`)
ふく子が想像していたのは、もっと黄色くてホクホクのお芋さん。

でも、この焼き芋は黄色みが薄くて、どちらかというとホクホクというよりべちゃ。

ま、まあ食べてみようではないですか。

口に入れた瞬間、良い意味で驚きました。

甘い!!!(゚∀゚)

本当に、びっくりするくらい甘いんです。
例えていうなら、蜂蜜
そんな感じの甘さ。

食感は、残念ながらやはりべちゃでしたが、喉に詰まらなくていいかも?
でも、ふく子はやっぱりホクホクの焼き芋が好きかな~。

使用している芋は、茨城県産の「紅はるか」という品種のお芋さんみたい。
袋には「紅天使」と表示されていますが、それは品種ではなくて、茨城県産の紅はるかのブランド商標なんだって。

調べてみると、滑らかな舌触りと他品種よりも強い甘みが特徴であるとのこと。
最高糖度は、なんと47度だそうです!!!

いやいや、本当に今まで食べた焼き芋の中で、ダントツの甘みでしたよ。

これが1本99円
子供や自分のおやつにいいんじゃない?

ええ、99円ならおススメですよ、奥さん。
芋買ってストーブで焼けばいいって?
確かに、その方がもっと安く済むんですが、ちょっと小腹が空いてるときとか、時津のトライアルでの買い物ついでに一度買ってみてください。
きっとまたリピしたくなると思います。
特にべちゃ芋派ならね。

ちなみに、この焼き芋を持って帰る際は、ビニール袋に入れない方がいいですよ。
ビニール袋に入れてたらべっちょりと蒸れちゃいました(;’∀’)
焼き芋が落ちないように、口をテープで止めて、紙袋のまま持ち帰ることをお勧めします。

※密かな人気商品らしく、時間帯によっては売り切れていることがあるようです。
どうしてもゲットしたい場合は、お店に連絡して確認していくことをお勧めします。
トライアル時津店:0120-033-559

こちらの記事も一緒に読まれています



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!