いきなりステーキのランチに並んでみました

ココウォークにできた「いきなりステーキ」で、ランチステーキを食べてきました。
平日にもかかわらず、思った以上にお客さんが並んでいて、ちょっと圧倒されました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

並んでいる間、肉の焼ける匂いでめげそうになった

いきなりステーキと言えば、芸能人も御用達のステーキ立ち食い店で、ニューヨークにも進出して話題になりました。
株の世界でもテンバガー(10倍)を達成したことでかなり有名な企業です。

連日テレビや雑誌などで取り上げられているため、流行りものなんか絶対食べるもんか!と思っていたふく子も、やっぱり気になって足を運んだ次第です(^^;)

平日にもかかわらず、大盛況。

他店が空席なのに、いきなりステーキの前だけ大混雑でした。

ささっとメニューを確認して、列の最後尾へ。

お目当ては、ランチのワイルドステーキ。

ライス、サラダ、スープが付いて、グラム数で価格が変わります。
200gと300gのどちらを食べようか、列に並んでる間中悩みました。

と、その時、店内から肉の焼ける匂いが。
あれ?ちょっと・・・臭いな。
わかる人にはわかると思うんですが、外国産のお肉って独特の臭いがあるんですよね。
その臭いが直撃。

その瞬間、200gと300gのどちらを食べるか、ではなく、食べずに帰ろうかという選択肢まで出てきて、さらに悩む羽目に。
でも、あと少しで自分の番。
ここまできて帰るのもアホらしい、ということで、食べて帰ることにしました。
今回は2人で行きました。
立ち食いかと思いきや、椅子席。
ただし、立ち食いの名残か、一緒に行った人と横並びでの着席となります。

目の前には、ソース類やら色々置いてあり、向かいの席の人とはそれを隔てて座る形になるため、お子さん連れのご家族は、ちょっと大変そうでした。

初めての来店なので、注文の仕方などわからずオロオロしましたが、なんてことはない、店員さんが尋ねに来てくれます。
テレビで仕入れてた情報とずいぶん違って拍子抜け(;’∀’)

さてさて、ふく子が結局何を注文したかというと、ワイルドステーキ200gにしました。
だって女の子だもん(・´з`・)

最初に運ばれてきたのは、サラダとスープ。

あっさりしたスープとグリーンサラダです。

肉が来てから食べようか?
と、しばらく待ってたんだけど、一向に運ばれてこないから先に食べちゃいました。

サラダ到着から待つこと10分超。
ようやっとメインの登場です。

おー!美味しそうじゃないですか!!
結構ボリュームがあります。

断面はというと、こんなにレア。

これを好みの状態まで焼いてからいただきます。

ふく子はレアで全然かまわないので、じゃんじゃん食べ進めました。
一緒に行った人は、レアが苦手ということで、じゅうじゅう焼いてましたよ。
ほれ、こんな感じ。

鉄皿でここまでしっかり焼けるなんて、画期的ですね。
この技術、特許取ってるみたいです。
他店では真似できないんだって。
さすが、テンバガー銘柄(あ、株の話です)。

お味はというと、店の外で嗅いだ肉を焼いてる臭いで諦めてたんですが、食べてみたら全く臭みはありませんでした。
というか、ソースで上手に隠れるのかも?
外国産だけど、柔らかかったし、この価格でステーキ食べられるならいいんじゃない?
と、相方に言ったら、首を縦に振らずに一切れよこしてきましてね。

彼女のしっかり焼いたお肉を食べたら、ああ、やっぱり硬くてちょっと臭う・・・。

レア~ミディアムレアで食べるにはいいけど、ウェルダン派にはお勧めできないという結論に達しましたm(__)m

評価(5段階)

味       : 3
量       : 3
コスパ     : 3
居心地     : 2.5
スタッフの対応 : 3
おすすめ度   : 3
また来たい度  : 3

期待しすぎていたかもしれません。
正直言って、家で食べるステーキの方が美味しいです(´-ω-`)

ただ、がっつり肉を食らう!というワクワク感は楽しめました。
家族連れは、座席の形状の関係で食べづらいと思います。
やはり1人か2人で行くべきお店でしょう。

いきなりステーキみらい長崎ココウォーク店

住所 : 長崎市茂里町1番55号 みらい長崎ココウォーク4階レストラン
電話 :095-894-1529
営業時間 :11:00~23:00(ラストオーダー22:00)
ランチタイム   11:00~15:00 ※平日のみ
店休日 :なし
駐車場 :ココウォーク駐車場
※2018年8月時点の情報です。詳細は、事前にお店に問い合わせすることをお勧めします。

こちらの記事も一緒に読まれています



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!