レシピあり 生姜のコンフィチュール

朝晩、ずいぶん冷えるようになりました。
といっても、ふく子はまだ半袖で過ごしていますが、町行く人々はすでに秋の装い。
そろそろ私も衣替えしなきゃねー(;´・ω・)
まずはクローゼット前に積んである荷物を整理せねば・・・と思うと、なかなか体が動かず、半袖のまま過ごしているわけであります。

さてさて、金曜日に市場に行って仕入れてきた新生姜。
1パック150円だったから、思わず買ってしまったんだけど、おろしが生姜はすでに冷凍していて必要ない。
ガリにするか?それとも紅ショウガ?と迷った挙句、寒くなるこれからの時期にぴったりの、コンフィチュールにすることに。

コンフィチュール、ジャム、どちらでも同じなんだけど、コンフィチュールの方が、ちょっとしゃれた感じがするじゃない( *´艸`)
これを作っておけば、本当に重宝します。
作り方はそれほど難しくはないんだけど、ふく子はスパイスを使うので、それを揃えるのが面倒くさいかもしれない。
スパイス苦手な方や、入手が難しい人は、スパイス抜きでも大丈夫なので、気軽に挑戦してくださいね!

生姜のコンフィチュール

【材料】
しょうが  好きなだけ 250gくらいある方が作りやすい
砂糖    しょうがの重さの60~80%
蜂蜜    しょうがの重さの5%
レモン汁  1個分
レモン皮  1個分
カルダモン 3粒
クローブ  5粒
シナモン  2分の1本(3cm程度)

【作り方】
1.しょうがは良く洗って皮をむき、薄切りにする
2.鍋にすべての材料を入れ、火にかける。中火程度の火加減
生姜コンフィチュールの鍋
3.汁気がたっぷり上がってきたら、しょうがスライスを取り出してミキサーにかける(スパイスは砕かない)
4.しょうがを鍋に戻し、煮詰める
5.瓶に詰めて完成(スパイスも一緒に入れててOK)

※砂糖の量はお好みで調整してください。甘さが足りないと美味しくないので、最低でも60%は入れた方がいいです。今回は砂糖+トレハロースで80%で作りました。
※ミキサーにかけるのは、最初でも構いません。結構アバウトに作って大丈夫です
※バーミックスだと砕けないかもしれないので、フードプロセッサーやミキサーをお勧めします。
※ミキサーをお持ちでない方は、すりおろして作ればいいですよ(^-^)

出来上がったものを、ティースプーン1杯程度コップに入れて炭酸を注げば、自家製のジンジャーエールです。
自家製ジンジャーエール
今回は80%の砂糖で仕上げましたが、市販のものよりあっさりした甘さで美味しかったです。

紅茶に入れてもいいですし、眠る前にホットミルクに加えても、体がポカポカと温まるので冷え性の方におススメですよ!

また、これを料理にも利用しています。すりおろししょうがの代わりに加えてみてください。
スパイスが効いているので、奥深い味わいになります。

から揚げや生姜焼きにおすすめです。
ぜひお試しくださいね( ..)φメモメモ

※レシピは公開していますが、ふく子が一生懸命考えたものですので、転載などの二次利用はやめてくださいね。

こちらの記事も一緒に読まれています



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
error: Content is protected !!