めまいと火照りの原因を探る検査結果

先日、めまいと顔の火照りがひどく、循環器内科を受診したのですが(詳しくは以前の記事をどうぞ)、その際に受けた検査結果が出たので、今日はそれについてまとめました。
さきに書いちゃうけど、右心室拡大や多血症など、自分では全く意識していなかったことが判明して驚きでした。
そして、若年性閉経の可能性も・・・!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

心臓に異常はなかった

心電図、24時間心電図、心エコーという3つの検査をしていただいた結果、どの検査でも異常は見つかりませんでした。
ただし、心エコーの結果、右心室拡大との診断。
先生によると、これは肥満によるものだろうとのことでした。
肥満になると、血液量も増えるんだそうです。
以前に比べて量の増えた血液を受け入れるために、右心室が拡大したんだろうということでした。

それから、24時間心電図では、不整脈が2回検知されたとのこと。
先生は2回しかなかったという言い方でしたが、まったく意識していないところで2回も不整脈があったのかと、自分では驚きの結果でした(-_-;)

どちらも改善するには減量することだそうで、肥満によって徐々に心臓に負担がかかりつつあるというのを認識できてよかったです。
ただ、残念ながら、これらの検査では体調不良の原因を突き止めることはできず、モヤモヤした気持ちです。

血液検査で異常が!?

次に、血液検査の結果。
今回は特別にオーダーして、膠原病・甲状腺・がん・閉経の検査をしてもらいました。

ここで先生から一言。
ふく子は問診の際に、「貧血があるので、それで体調が悪いんでしょうか?」という相談をしていました。
ところが、今回の結果で驚きの事実が!

先生:「あなた、貧血なんてないよ。それどころか、多血症だよ!女性では非常に珍しい!!」

そうなんです。赤血球数が基準値を超えてたんです(;’∀’)
どうやらこれも、先生によると肥満が原因。
さらには、月経の際に量が減ったことも原因の一つだろうとのことでした。
減量したら、多血症も改善するんですかねと問いかけましたが、明確な答えは得られませんでした・・・。

膠原病と甲状腺の検査結果は異常なしでした。
膠原病では、RAテスト抗核抗体を一緒に調べるのが一般的なようですが、今回は抗核抗体の検査しかしていないようです。
どちらにしても、抗核抗体は標準値内で全く問題なし。

甲状腺では、FT3(遊離トリヨードサイロニン)、FT4(遊離サイロキシン)、TSH(甲状腺刺激ホルモン)を調べたようです。
どれも標準値内でした。

がんは・・・検査結果がどれなのかわかりませんが、異常なしだよとのことだったので、信じようと思います(^^;)

衝撃だったのは、閉経の検査結果。
今回は、エストラジオールを調べてもらったんですが、なんと標準値を下回ってました(´;ω;`)
これには先生も驚いたそうで、検査結果をもって婦人科に行くようにと言われてしまいました。

めまいに顔の火照り。この原因はもしかすると閉経・・・!?
まだ36歳なのに。ショック。

それでも、早ければ治療もできるかもしれないし、まだ閉経と決まったわけではないので、とりあえず婦人科を受診してみることにします。

今回受診した病院

医療法人秀和会もりハートクリニック

住所:長崎県西彼杵郡時津町浜田郷38-3
電話:095-813-2670
駐車場:7台
休診日:日・祝日、水曜と土曜の午後

こちらの記事も一緒に読まれています



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!