ウルフ村田の月刊ウルフを視聴してみたら、儲かるどころか損した話

株をやってる方なら、一度は耳にした、または目にしたことがある人物、それはウルフ村田さん。
株情報を集めるのに便利なサイト、株探を見ていると、スクールの広告が時々出てくるのを目にしたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

そんなウルフ村田さん主催の「月刊ウルフ」というクローズド放送をご存知でしょうか?
生徒は1年で確実に億トレにする!と、豪語しているので、気になっている方も多いと思います。
果たして本当に月刊ウルフを視聴すれば儲かるのか、億トレになれるのか。
今日は、ふく子が月刊ウルフを実際に購読して、株の売買をした結果をお伝えします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ウルフ村田をフォローしてみた経緯

ウルフ村田さんは、Twitterで毎日情報発信をしています。
フォロワー数は12万人近く。
アカウントは2つあるのですが、メインのアカウント@MurataMika2020は、毎日、というより毎分更新されています。

株が下手くそな私は、毎日値上がり率ランキングや出来高急増ランキングから、翌日買う銘柄を選定して売買を繰り返していました。
ある日ふと気になって、ウルフ村田さんのTwitterを見てみたところ、2134燦キャピタルという銘柄について300円になるという宣言をしていて、しかもその銘柄が50円台の頃から皆に教えていたんだ!!と声高らかに(?)呟いていたのです。
よほど燦キャピタルに対して自信があったのか、Twitterでの名前に、わざわざ「燦キャピタル&アンジェス」を付け足していました。

遡ってツイートを見てみると、確かに、上がる前に呟いているじゃないですか。
あら、もしかしたら、ウルフ村田さんの呟きに乗っかれば利益がだせるんじゃなかろうか?
そう思い、早速Twitterにアカウントを作って彼女をフォロー。

そして、彼女が300円まで行く!!と宣言した、燦キャピタルを試しに買ってみたのです。
約定価格は158円。
ええ、今となってはすっ高値でしたね。

日足・週足・月足で見ても、自分では売りかな?と思ったのですが、ウルフ村田が「仕手筋が変わったから、今回の燦キャピタルは違う!」「300円まで行く!」とツイートし続けるので、半信半疑ながらホールド。
ところが、それ以降、燦キャピタルはどんどん下げ続けました。

とうとう月刊ウルフを購読することに

燦キャピタルでも含み損を抱え、更には世界的に株安が続いて不安でいっぱいになったころ、ウルフ村田のあるツイートが目に入ります。
月刊ウルフで燦キャピ

月刊ウルフというのは、会員制のクローズド放送で、月額2万円で月2回番組を視聴できます。
過去の放送は2年分視聴可能です。
月額2万円・・・株の利益でペイできないこともない金額です。
含み損にしてる燦キャピタルについて詳しい情報が得られる上に、これから上がる銘柄を教えますとのことだったので、つい申込ボタンをポチってしまいました。
ええ、心が弱いんですよ。

10月11日20時、待ちに待った月刊ウルフを視聴しました。
番組内でも、燦キャピタルは今までは弱い仕手が触っていたが、今回は資金力のある仕手筋が入って上げる意志があります!とのことで、ツイッターでの呟き以外の目新しいことは特にありませんでした。
一気に上げすぎてるし、糞株だけど、継続です。との説明。
もっと詳しい解説があるかと思っていたのでちょっとガッカリしつつも、これから上がる銘柄のを紹介があったので、それらで挽回しようと思いました。

番組に内容としては、ウルフ村田さんがピックアップした銘柄の解説や、チャート・テクニカルの簡単な読み方がメインです。
銘柄については、後でわかることですが、過去の放送と被っているものが沢山あり、新しく出てくるものはわずか。
株歴が長い方にとっては、やや退屈かもしれません。
個人的には、ウルフ村田さんがカメラガン見だし、かなりの早口で、アシスタントの男性との掛け合いが、毎回コントかよっって突っ込みたくなる感じで、なかなか面白かったです。

さて、月刊ウルフを視聴した翌日、これから上がると説明した銘柄が、どれもこれも上がりました。
安値を狙ってくださいという指示を守って、私は買わなかったため儲けそこないです。
おかしいなあ・・・。

燦キャピタルは、さらに下げてしまいました。
デイトレにおススメと言ってたけど、継続と言ったからには戻すんだろう。
その時は、そう軽く考えていました。

その後、2回の月刊ウルフ生放送と、過去の放送を視聴した結果、損益はなんと!
マイナス5万超となりました(◎_◎;)

どうしてこんなことになったんでしょう?

月刊ウルフを視聴したのに散々な結果になった理由

月刊ウルフを視聴する前にコツコツと積み上げた利益は、あっという間に減ってしまいました。
その原因を自分なりに考えてみた結果、以下のことが思い当たりました。

1.買うタイミングがわからなくなる
月刊ウルフで紹介された銘柄は、仕手筋が入っているので上がるのはほぼ間違いありません。
ですが、買うタイミングを間違うことで大きな損失を抱えることになります。
月刊ウルフを視聴する以前、売り買いの指標として使用していたのが、一目均衡表やRCIなどのテクニカルです。
実は、この指標、月刊ウルフでも推奨しています。
というか、使ってないトレーダーはいないと思います。

で、紹介された銘柄を買うために、その指標でタイミングを見ようとするのですが、たいていの場合、月刊ウルフ放送の翌日に上がってしまい、下手したら置いてけぼりを食らいます。
指標では買いのタイミングではないのに上がりだすため、買いのタイミングがわからなくなってしまいました。

2.Twitterで銘柄を連呼した時は売り
1と共通していますが、自分ではまだ買いではないと思っていたのに、ウルフ村田やその取り巻きがTwitterで銘柄を連呼し始めるのです。
それも、「歴史的な瞬間に立ち会おう!」とか、「1年食べていけますね」など、とんでもない上がり方をするんじゃないかと予想させる書き込みばかりが増えるんですね。
そこで、ついつい飛びつき買い。
約定した瞬間からだだ下がり・・・。

私だけではなく、月刊ウルフ生や、Twitterのフォロワーと思われる人々も、含み損になるようで、以下のような質問ややり取りが見受けられました。

アイロム

アイロムは、放送翌日に大きく上げて一気に下がり、上髭の長い陽線となりました。
実は、この上髭を付けた当日の朝(10月25日)、寄り付き前からウルフ村田さんとその取り巻きが、しつこくアイロムについて書き込みをしていました。
上の質問は、ウルフ村田さんが呟いた「アイロムで1年暮らせますね」の一言に対しての質問です。

誰だって、そんな一言を聞けば、上がるのかな?と思って買ってしまうのは当然のことですよね。
ですが、残念ながらこの後、アイロムは2300円台から一気に1400円台まで下落しました。
その後、相場転換して今現在では2300円台に戻しましたが、投げた人は多そうです。

アイロム含み損
さらに、11月16日に再度アイロムが値上がりしたのですが、その朝にも「歴史的瞬間に立ち会おう」などと煽りまくっていました。
上のやり取りは、その時のウルフ村田さんとフォロワーさんのやり取りです。
A:「先生の教え通りなら、手はお膝ですね。」というフォロワーさんと、
B:「え?そうなの!?」というフォロワーさんがいて、どちらもフォロワーさんなのにかなりの温度差がありますね。
ちょっと興味本位で、このフォロワーさん方のツイートを拝見したところ、Aさんはツイートが少なすぎてウルフ村田との関係はわかりませんが、Bさんは月刊ウルフ生のようです。

勘が悪すぎますよと怒られてますが、いや、あれだけ煽れば、誰だって買いたくなるでしょ、と同情の声も上がっていました。
かく言う私も、一度利益確定していたものの、しまった売るのが早すぎたか!?と、慌てて買い戻して失敗したので、Bさんの気持ちはとてもわかります(;´Д`)

月刊ウルフの過去の動画を見ても、手をお膝にするタイミングがよくわからないままです。
でも、これまでの流れから行けば、ウルフ村田が「まだ買わなくていいですよ」と言ってる、もしくはなにも呟いていない時に仕込んで、呟き始める、特に銘柄を連呼し始めて、取り巻きと一緒になって煽りだした時は利確のタイミングなのではないかと学習しました。

なお、煽ったツイートは後から削除され、証拠が残らないことが多いです。
意図的に買い煽りをしたのかな?と思えなくもないですよね・・・。

3.「継続」と言われるので、損切の機会を失ってしまう
買ったタイミングが悪くて損が出た場合、早めに損切することが肝心です。
ですが、ウルフ村田さんの場合、「継続です」という言葉をよく使います。
そのため、まだ上がると信じてホールドしてしまいがちです。

ところが、継続の銘柄でも、どこまで押すのか、どこから切り返すのかは正直言って仕手次第なので、庶民にはわかるはずもありません。
上がり始めるのが今日かもしれないし、1週間先かもしれない。
もっと言えば、1年後かもしれないんですよね。

株というのは、上がれば下がるし、下がれば上がるので、継続と言っておけばいつかは上がるわけです。
ですから、信じてホールドし続けるのは、非常に危険だなと感じました。
まあ、燦キャピタルは含み損でホールドしてますけど( ;∀;)

私と同じように、燦キャピタルで含み損を抱えている人が、ウルフ村田さんにDMを送った結果がコチラ。
燦キャピタル含み損

ひ、ひどい・・・(+_+)
確かに、株は自己責任でやらないといけませんけど、「300円まで行く」とか「終わってない」とか、「資金力のある仕手が入ってる」と散々煽っておいて、このツイートはないんじゃなかな。
燦キャピタル

でも、文句言ってもどうしようもないのが現実。
「継続」という言葉には要注意ですね!

結局、月刊ウルフ購読して良かったのか悪かったのか

そんなこんなで、うっかり月刊ウルフを購読することになったわけですが、退会することに決めました
ウルフ村田さんのやり方が合う人もいるんでしょうけど、私には全く合いませんでした。
勘が悪いのか、彼女が言いたいことが全く伝わってこないし、Twitterの呟きも、場中のランキングや株探などから拾ってるだけでは?と思うことも多々ありましたし。

彼女が完全に悪いとか、詐欺師だとかは思いません。
先ほども言った通り、株は自己責任だからです。
上手に乗っかれば、利益を出すことも可能です。
彼女が呟く銘柄は、割と値幅が取れます。
短期、デイトレであれば、含み損も少なくて済むのではないでしょうか。

でも、それなら2万円の購読料を払わずとも、Twitterでなんとかなります。
月刊ウルフを購読してるからといって、特別な銘柄というのはありませんでした。
大抵の場合、視聴した翌日には放送で紹介した銘柄も呟いてます。

テンバガー候補の銘柄を教えてくれるという回もありましたが、その銘柄は放送翌日に暴騰し、今はチャートが崩れてしまってますし、とても初心者が入れる相場ではありませんでした。
(というか、放送後数日でほぼテンバガー達成したので、ウルフ村田は継続と言ってたけど、終わったんじゃないの???と思ってます。)

月刊ウルフを購読してみてわかったことは、何事も簡単な道はないということですかね(^^;)
彼女が呟く銘柄を買いさえすれば儲かる、なんて上手い話はありません。
やはり自分でしっかりテクニカルやファンダメンタルズを勉強するのが、利益を出す一番の近道です。

2万円の購読料と、含み損(一部損切済み)5万円は痛手でしたが、良い勉強になりました。
今回勉強したことを糧に、損を取り戻したいと思います。
ウルフ村田さんを上手に利用して・・・(笑)

【おまけ】
2372アイロムGについて、ウルフ村田さんは以下のように呟いています。
アイロムガチホ

ところが、11月16日か17日に、「知り過ぎた銘柄は買ってません(*^-^*)」と呟き、フォロワーさんたちをざわつかせました。
というのも、それまでに「アイロムについては俺が一番知ってる」「医者使って調べた」など、アイロムについては知り尽くしているぞ!という宣言をしていたからです。
それなのに、あのツイート。
どの銘柄についてなのかは、ふせていますが、恐らくフォロワーの多くはアイロムを連想したでしょう。

その後、このツイートは削除されていました。

意味深だ・・・というのは考えすぎでしょうかね?
何かあるかもしれないし、何もないかもしれない。
どちらにも取れるようなツイートでフォロワーを翻弄する彼女。

この件はとても気になったので、アイロムについては引き続き監視していきます。

こちらの記事も一緒に読まれています



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!