酢キャベダイエットが気になったので早速酢キャベツを作ってみました

酢キャベダイエットってご存知ですか?
実は以前からチラホラ「酢キャベダイエット」という特集が雑誌で組まれていたようなのですが、先日全国版のテレビ番組で紹介されたことで、一気に知名度を上げたようです。
やり方も簡単で、酢キャベツを食事に取り入れるだけということで、かなり手軽なダイエット方法です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

酢キャベツの作り方

酢キャベツなんて知らないって方のために、一応作り方を紹介しておきますね。
どうやら酢キャベツにはどうやら2通りの作り方があるようです。

【酢キャベツ1】
・キャベツ 1玉(1kg)
・塩 小さじ4(キャベツの重量の2%程度)
・酢 400ml

1.キャベツを良く洗い、千切りにする
2.容器またはジップロックなどの袋に入れて、塩をもみ込む
3.酢を注いで冷蔵庫で保管する

漬けてすぐに食べることが可能です。
テレビでは、この半量で紹介されていました。
ふく子は面倒臭がりなので、一度に作ってしまおうと思いましたが、食べきれるかどうか不安な方は、半量でお試しした方が無難かもしれません。

【酢キャベツ2】
・キャベツ 1玉(1kg)
・酢 400ml

1.キャベツを良く洗い、千切りにする
2.容器またはジップロックなどの袋に入れて、酢を注いで冷蔵庫で保管する
3.時々振ったり揉んだりして、酢がまんべんなく行き渡るようにする

漬けてから1週間後から食べられます。

塩もみをしない分、漬かるまでに時間がかかります。
また、塩を使わない分、酢に使っていない部分が傷みやすくなるので、まんべんなく漬かるように気を付けなければいけません。
でも、塩分制限のある方やむくみが気になる方には、こちらがいいのではないでしょうか。

実際に酢キャベツを作ってみました!!

土曜日にテレビで酢キャベツのダイエットとデブ菌撃退効果を知ってから、すぐに自宅の野菜室にあったキャベツ半玉で作ってみました。
キャベツを刻んで、ジップロック(袋)に入れて、塩を入れて振り振りして、酢を入れて・・・酢キャベツの出来上がり!!

ただ、すぐ食べるのに塩2%は多すぎると思ったので、キャベツ半玉、塩小さじ1、酢100mlで作りました(;^_^A
酢も分量の半分で。
塩もみした時点でキャベツから水分が出てきましたし、ジップロックの口を閉じる時に、ぎゅーーーーっと空気を抜くことで、まんべんなく酢が行き渡ったので大丈夫でした。

翌朝、ウィンナーソーセージと一緒にホットドッグ風にしていただきいましたが、美味しかったです。
キャベツ半玉で作った酢キャベツだと、1人で3食食べるとすると2日分にしかなりません(;・∀・)
びっくりするくらいカサが減っちゃうんですよね。

そこで、キャベツを新たに買ってきて、酢キャベツを仕込むことにしました。
話はちょっと脱線しますが、ここから酢キャベツ作りに苦労することになります。

キャベツを2玉買ってきて、まず1玉を洗って半分に切ってみたら、なんと中からもやしみたいなのがニョロニョロΣ(・□・;)
中で花が咲きかけてたようです。
そこで、もう1玉も半分に切ってみたところ、最初のものよりマシなものの同様の結果。
こでじゃ千切りキャベツができません(._.)
購入したスーパーに行って交換してもらおうと思い、在庫のキャベツを念のためその場で切ってもらったところ、どれも同じような状態。
仕方なく返金処理してもらい、別のスーパーへ。

ところが、どうやら出回っているのが冬キャベツらしく、いくつかのスーパーでは予め半分に割った見本が置かれていましたが、中に脇芽や花が付いた状態。
困ったな~、どうしようかとマックスバリュに行ってみると、早生キャベツを発見!
2玉ゲットして帰りました。
ちなみに、別のマックスバリュでは早生キャベツは売り切れでした。
ふふふ、ふく子と同じように、酢キャベダイエットを試そうとしてる人がいるのね~( *´艸`)

苦労して入手した早生キャベツは、中も綺麗で葉っぱも柔らか。
酢キャベツにするなら、早生キャベツがおススメです!

2玉のうち、1玉を酢キャベツ1と酢キャベツ2にしてみました。

酢キャベツ1を一晩置いたもの。
酢キャベツ1

酢キャベツ2を一晩置いたもの。
酢キャベツ1

ちょっと写真ではわかりづらいかなぁ(;・∀・)?
酢キャベツ1の方が、やはり水分が出ていてしっかり漬かっています。
酢キャベツ2は、まだまだ水分が出ていないので、よく揉みもみして、さらに袋の空気を抜いて冷蔵庫に戻しました。

【食べてみたよ!!】
酢キャベツ2を1週間待たずに食べてみました。
う~ん、酸っぱい!!
酢キャベツ1よりも酸味がとがっていました(+_+)
酸っぱいのが苦手な方にはちょっと厳しいかもしれない。
やはり1週間まって、じっくりキャベツの水分と馴染ませた方が良さそうです。

酢キャベダイエットの注意点

酢キャベツ1を使って、ホットドッグ風にした時の写真です。
ウィンナーソーセージがなかったので、魚肉ソーセージを使いました。
酢キャベツホットドッグ風

お味はなかなか良いです。
これは塩を減らした酢キャベツを使ったのですが、酢の酸味があるので、塩気が足りないということは全くありまりません。
むしろ、ケチャップをかけるなら、これくらいの塩気じゃないと塩辛いと思います。

もしかすると当然のことかもしれませんが、酢キャベツをパンに挟むときは、ぎゅっと絞って水分を切った方がよいようです。
水分を切らずにパンに挟んだら、あっという間に酢キャベツの水分をパンが吸ってしまい、悲惨なことになりました( ..)φメモメモ

それから・・・逆流性食道炎のある方や胃の悪い方は要注意です。
酸の強いものを食べる時は、気がけて先に牛乳を飲むようにしているのですが、この時はうっかり先に酢キャベツから食べてしまいました。
その結果、胃痛というかなんというか、食道のあたりが焼けるような感覚が続いています(´;ω;`)

簡単に痩せる、デブ菌撃退に役立つという酢キャベツですが、胃の弱い方や逆流性食道炎を患っている方にはお勧めできないダイエット法のようです。
まいったな~。沢山作っちゃったよ。
毎食酢キャベツを1週間食べ続けようと思ってたけど、この痛みに耐えられるだろうか。
ちょっと不安なふく子です(・_・)

ちなみに、2玉のキャベツのうち、1玉は酢キャベツではなく、ザワークラウトにしてみました。
これについては、また別の機会にご紹介しますね(^-^)

※デブ菌優勢か痩せ菌優勢かを調べるには、このようなキットがあるそうです。

こちらの記事も一緒に読まれています



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!