猫の保護用に100均のワイヤーネットで3段ケージを作ったよ

シェアしてね(^-^)

cage6
スポンサーリンク
スポンサーリンク

保護に備えて作った3段ケージができるまで

猫を保護した話でもご紹介しましたが、保護するにあたって必要なケージを手作りしました。

野良猫を立て続けに保護した話
2020年9月6日。 とんでもない台風が上陸しました。 海神という名前の台風で、中心気圧は低い上にスピードは速くない。 こ...

ググると多くの先輩方が、100均のワイヤーネットを駆使して立派なケージを作っておられる。

買うと高いんだよね、ケージ。

特に3段以上ともなると、軽く1万円超え(´-ω-`)

だから、ふく子も手作りしました。

材料

ワイヤーネット(ダイソー)

結束バンド(ダイソー)

打掛(ダイソー)

ダブルクリップ(ダイソー)

ワイヤーラック(税込みの100均)

ジョイントマット

ジョイントマットは、100均よりも安いトライアル(税込みで安いスーパー)で購入。

作り方

設計図なんてなし。

ただひたすら、結束バンドでつなぎ合わせました。

元々、茶トラを保護した時に使っていた被せ物を活かします。

ケージ1

ひっくり返して、天井を底にしましょう。

そして、ドア部分を開閉できるように、一旦取り外し。

cage2

取り外したワイヤーネットを、2段目の壁にします。

さらに、横の部分になるワイヤーネットも固定。

ケージ3

足場を固定。

ケージ4

扉も付けました。

左右に開くようにして、トイレの世話や餌やりなどが簡単にできるようにしたつもり。

ケージ5

あとは、ワイヤーネットをしっかりと固定して完成。

ただし、天井部分は開くようにして、ダブルクリップでの固定としました。

これだと、上からも下からもニャンコだったり玩具だったりを出し入れできます。

捕獲後のケージとニャンコの様子。

cage6

作ってみた感想

思った以上に簡単でした。

ただひたすた結束バンドで固定していくだけだし、自分の好きな大きさのケージができるのが最大の利点ですね。

心配なのは強度。

現在、1.7kgの三毛猫テンちゃん。

この子が、飛び上がったり階段を行き来しても、今のところ壊れることはありません。

でも・・・一番下の段の広い面を入り口として使用しています。

そのため、2段目に上がるためのステップがきっちりと固定できない。

その部分は本来支えともなるべき箇所なので、開け閉めのたびになんとなく全体が落ち込んできているのが気になります。

台風の被害から猫を守るために作ったので、一時保護のケージとしては文句なし。

今後もこれを使い続けられるかというと、強度の点で不安が残りますね。

入り口を開け閉めするたびに、ダブルクリップを何カ所もいじらないといけないのも気に食わない。

打掛を使ってみたものの、扉に段差を付けていたのでイマイチうまくいかないんですよね。

扉をフラットにするなら、打掛は大いに役立つことでしょう。



こうしてできあがった3段ケージ。

写真で友人に見せると好評でした。

豪邸だね!との声多数。

実際はボロい欠陥住宅なんだけど(;’∀’)

お値段おいくら万円かって?

◆ワイヤーネット大 6枚@220円

◆ワイヤーネット正方形 8枚@110円

◆ワイヤーネット小 2枚@110円

◆結束バンド 50本以上100本以下@110円/50本

◆ダブルクリップ 12個@110円/6個

◆打掛 1個@110円

◆ジョイントマット5枚@399円/9枚

計算してみたら、3195円ですかね。

失敗分も含みます_(´ཀ`」 ∠)_

もし失敗しなかったら、3000円以内で作れたかもしれない。

設計せずにじゃんじゃん組み立てていった代償ですね。

肝心の大きさですが、64cm×40cm×116cm(いい加減なので誤差あり)です。

市販のケージで言えば、これなんか大きさが近いみたい。

69cm×48cm×106cmですって。

2段だそうです。



ふむふむ、ベッドを置くスペースがないから、ハンモックが付いてるのね。

それなら、私が作ったケージはベッドも置けるし悪くないよね(*^^)v

ドアなどの細かい部分は完敗だけど、不器用な私でもこれだけのものが作れたので大満足。

100均のワイヤーネットを使ったケージ作り、猫を保護した人にはお勧めです。

ちびっ子でも、器用な子なら一人で作れると思うよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク



error: Content is protected !!