千代田金属工業chiyodaの型を高値で買ってはいけない

お菓子作り好きなら、一度は聞いたことがある「chiyoda(千代田金属工業)」の型。
型離れが良く、熱伝導率も良いので、プロも愛用しているあの型です。
ここ最近、この型が、あまりにも高騰しているのをご存知でしょうか?
ちょっとこの状況は異常ではないかなと思ったので記事を書くことにしました。
あくまでも、個人的な意見ですが、よかったら参考にしてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

chiyoda(千代田金属工業)の型は確かに良いけどシリコンには寿命があるんだよ

chiyoda(千代田金属工業)の型と言えば、シリコン塗装を施してあるため、焼きあがったお菓子が面白いほどつるんと型から離れることで有名ですよね。
もちろんそれだけではなく、熱伝導率が良いため、外はこんがり、中はふっくらと焼きあがるのも特徴の一つです。
こちらは、ふく子所有のマロンケーキ型。
千代田金属クリ型
もともとはプロ向けの道具でしたが、一般の顧客向けに、フランス天板600×400mmの4分の1サイズの300×200mmも販売されるようになりました。

これがお菓子作り好きの間でじわじわと広まっていきます。
製菓材料の大手である、CUOCA(クオカ)が、CUOCA×chiyodaの製品を販売したのも大きな要因の一つかもしれません。

ふく子がchiyodaの型を購入したのは、もう10年以上も前のこと。
最初に購入したのは、シェル型とコキーユ型でした。
どちらもお値段は3,000円程度だったと記憶しています。

お菓子の型にしちゃ高いな~と思ったものの、フォルムの素晴らしさが気に入っての購入でした。
商品が到着してから、すぐにマドレーヌを焼いてみたのですが、これが嘘みたいに綺麗に焼けて仰天!
今までのマドレーヌと同じレシピで焼いたはずなのに、焼き上がりがつやっつやで、心なしか味も良い気がしました。

それ以来、ことあるごとにこつこつと型を買い集め、食パン型まで購入。
アルタイと製の食パン型と違い、シリコン加工の方は型離れが抜群によくてストレスフリー。
アルタイとの型は、しばらく使わずにいたら油臭くなってその臭いが取れないのですが、シリコン加工のchiyodaの型はそんなことありませんでした。

とにかく、型離れの良さに驚いて買い集めたふく子。
恐らく、chiyodaをお持ちの方のほとんどがそうだと思います。

ところがです。
3回目にマドレーヌを焼いた際、いつもと同じレシピで焼いたのにも関わらず、つるんと型から剥がれずに型に生地が残ってしまいました。
型に塗る油が足りなかった???
と思って、油をたっぷり塗ってから再度焼いてみましたが、やはり結果は同じ。

今までのようなつるんとした焼き上がりではなく、表面がガザガザした焼き上がりになったんです。

不思議に思って、千代田金属工業に問い合わせました。
すると、専務さんじきじきにお返事を下さいました。
以下、抜粋です。

シリコンコーティングの説明
ブリキ(鉄に錫メッキをほどこしたもの)の製品を薬剤で脱脂したのちシリコン液をスプレーして窯で焼付け硬化させてガラス状にしたものです。
物をはじく性質があるので離型効果が期待できます。しかし、前記のような作業ですので基材との圧着はそれほど良いとはいえません。つまり剥がれ易いです。

シリコンコーティングの弊社見解
弊社は業務用を製作しているメーカーです。家庭用は販売店さんのオーダーで特注扱いです。
業務用は離型の油をしっかり使う為、酸化皮膜が形成され離型工が長持ちします。
弊社製品は工業製品のため機械油の付着が多い為、製品にするときの洗浄工程として又酸化(さび)を防ぐ為にシリコンを施しています。
けっして「するりとぬけるシリコンコーティング」とは申しません。
最近ネットの評判等で流れている「するりと抜ける」はいささか困っております。「抜ける」つまり離型は配合や熱の入り方に左右されるからです。

使用方法の注意点
シリコンにはピンホール(目には見えない孔)があります。水洗いをするとピンホールから水分が入り込み基材を酸化させシリコン膜を剥がしてしまいます。
お湯は特に顕著です。布で拭く方が長持ちします。
生地を絞るまえに固形の油を型にしっかり塗ってください。ピンホールに油が食いつき型の表面に酸化皮膜を形成していきます。
離型効果が落ちてきたら特に油はしっかり使ってください。マドレーヌは生地にも脂分がありますのでそれほど離型しずらくありません。
お菓子の型に接している部分が硬化(しっかり焼けていない)していないために水気もどりで型にこびりついてしまうことがあります。
下火を調整してください。

このように、親切丁寧な回答をいただいて恐縮しました(;’∀’)
最近はこんなに丁寧な回答をもらえないのだけど、やはり会社が大きくなったからなのかなぁ・・・。残念。

で、ここで注目していただきたいのは、この部分。

弊社製品は工業製品のため機械油の付着が多い為、製品にするときの洗浄工程として又酸化(さび)を防ぐ為にシリコンを施しています。
けっして「するりとぬけるシリコンコーティング」とは申しません。
最近ネットの評判等で流れている「するりと抜ける」はいささか困っております。「抜ける」つまり離型は配合や熱の入り方に左右されるからです。

どうやら、思ってもないことで、一般の顧客の間で話題になってしまったようですね。
更には、ふく子も含めて、多くの人がその効果が持続すると思い込んでしまっていました。

使用方法の注意点に記載があるように、洗うことでシリコン膜は剥がれていきます
布で拭いた方が長持ちはするけど、その効果は永久には続きません

だからこそ、生地を入れる前にしっかりと油を塗ってやらないといけないんですが、ネット上では「油を塗らなくても、つるんと型からはずれる!!」という評判が独り歩きしてしまったようです。

これからchiyodaの型を購入しようと思っている方は、ぜひこの点に注意して取り扱ってください。
型離れが悪くなっても、油を塗って使えば型としては十分使えます。
ただし、新品の頃のように綺麗につるんとした状態の焼き上がりにはなりにくいです。

マロンケーキ型。
油をたっぷり塗りましたが、このように生地の一部が型に残ってしまいます。
chiyodaの型離れ悪くなった
レシピによっては、これ以上に生地が残ってしまい、ハゲハゲになるのです。

また、このように焼きむらもできます。
焼きむら

chiyodaの型さえ使えば、プロ級の焼き上がりになるというのは間違いです_(._.)_

CUOCAコラボもただのchiyodaも同じでっせ

ネットやメルカリ、オークションなどを見ていると、わざわざ”CUOCA×chiyodaです”と記載されているのを見かけます。
そして、そのような商品はただのchiyodaの製品よりも高額で取引されています。

中には、chiyodaの製品をCUOCA×chiyodaの偽物と思っている方もいらっしゃるようで(;´Д`A “`
ちーがーうだろー!!
って言いたくなります。

chiyodaが本家本元。
確かに、CUOCA×chiyodaにしかない型もあります。
クマちゃんとかね。
でも、基本的にchiyodaもCUOCA×chiyodaも同じもの。
シェル型とかコキーユ型とか、同じですよ。
CUOCAはブランド化することで、値段をより高く設定してあります。
だから、同じ商品ならchiyodaのものを買った方がお得です。

メルカリではびっくりするくらい高値で販売されてます。
一つの型が1万円以上の高値で販売されてます。

そしてそれを購入する人がいる・・・驚きです。
一つ言わせていただくと、買う人がいるから売る人がいます。
需要と供給です。

現在、千代田金属工業の製品は生産が追い付いていないそうです
つい最近、メーカーに問い合わせたら、そのような回答でした。
そして、それにつけ込んで、安くで購入した型を、法外な価格で転売している輩がいることも、メーカーは把握していました。
メーカーとしては、できるだけたくさんの人に適正な価格で購入して欲しい。
でも、買う人がいる以上、転売行為がなくならない。

ドツボにはまってるようです。

噂によると、あまりにも高値で売れるため、中国などの海外勢が買い占めをしているとか、あるいは粗悪な偽物を販売しているそうな。
噂なので、どこまで本当かはわからないけど、あり得ない話でもない。

なので、chiyodaの型を買おうと思ってる方。
高値で買うのはやめた方がいいです。

転売商品を買う人がいなくなれば、価格はおのずと下がります。
それまで、ちょっとばっかし我慢してみませんか?

chiyodaの型は、確かに魅力的です。
お菓子作りの腕が上がったように錯覚させてくれます。
でも、いずれ型離れも悪くなってきます。

高騰してしまった型を追いかけるよりも、自分の腕を磨いた方がいい。
道具の質も、出来上がりに与える影響は大きいけど、そもそもそれを使いこなせるだけの技術がないと、美味しいお菓子は焼けません。
ふく子は、そう自分に言い聞かせて、欲しい型があるけど我慢してます(´;ω;`)

いつかまた、chiyodaの型が適正な価格で購入できる日が来ますように。
皆さんもぜひご協力を!

※chiyodaの型は、種類の豊富さも魅力の一つです。
見ているだけでも楽しめますもんね( *´艸`)

ざっと探した限りでは、現在、在庫のあるネットショップは非常に少ないです。
ラッピングストア(コッタ cotta)では、上の3種類が販売されているようですが、恐らく在庫はそう多くないんでしょう。
(ちと高いから、ふく子は買わない。持ってる型ばっかりだし。)

あとはおいしい生活かな。

食パン型はおススメの一品です。
こちらはあまり値段が変わってないようで、割と良心的。

この型も一時期ブームになりました。
ふく子も持ってます。
スタイリッシュかもしれんが、とても不安定なケーキが焼きあがります(;´∀`)

chiyodaの型で買って良かったランキング

何らかの参考になるかもしれんので、ふく子が買って良かったなと思うchiyoda型をランキング化してみました。

1位:食パン型(1.5斤)
アルタイト製の食パン型を使用していた頃は、使用前に油塗って空焼きして、さらに油を塗ってから生地を入れて焼くにもかかわらず、がっちりくっついて取れなくてキーーーーーーーーーっ!!!ってなることが多々ありましたが、これに買い替えてからはストレスフリー。
空焼き不要で、焼く前にささっと油さえ塗ればスポッと取れます。
あまりにもスポッと抜けるので、何度か落としそうになったこともあるくらいです(;´Д`)

2位:シェル型・コキーユ型・フィナンシェ型
この型はよく使いました。
ちょっとした手土産に、この型でマドレーヌを焼いて行くと、売り物かと思ったと褒められます。
ただし、記事中にもあるように、使用頻度が多いため、現在はツルッとした焼き上がりにはなりません。
悲しいくらいにくっつくようになりましたが、それでもフォルムが愛らしいので好きです。

3位:ミニクグロフ型
フルーツケーキを焼いて、アイシングでもかければすごく見栄えの良いケーキになります。
クリスマスなんかにはぴったりの型で、やはり手土産で喜ばれました。

4位:スクエア型
何の変哲もないキューブ型。なんだけど、やっぱり計算しつくされてるんですよね。
かくかくした四角ではなく、やや丸みをおびだ四角で、カッコいいけど可愛いお菓子が焼けます。

5位:マロン型・レモン型
とにかく見た目が可愛いケーキが焼けます。
レモンケーキの型はchiyodaが元祖ですからね、まさしく売り物と同じようなフォルムのケーキになります。
マロン型も、ぷっくりかわいい栗ができるので、焼き上がりが楽しくなります。
でも・・・どちらもどうしても使用するレシピが決まってくるのが難点。
いや、別に決めなくてもいいんですけど、イチゴ味なのに見た目が栗ってどうよってことです、はい(;´Д`A “`

他にも色々持ってるんですが、前述の通りスリムパウンド型は、使い方間違うと貧弱なケーキが出来上がります。

スティックフィナンシェ型は、専用の袋を買うのものねってことで、なかなか出番がない。
焼き上がりは素敵なんですけどね・・・。

エンジェルハート型は、思ったよりでかいハートで、そこまで可愛くなかったです(-_-;)

面白いフォルムが揃ってるから、ついつい買っちゃったんですが、結局はオーソドックスな型が出番が多いです。
そして、最大の難点。
かさばる・・・。

重ねて収納できないので、本当にかさばります。
なので、本当に使うであろう型をお求めになることをお勧めします。

すみません、長文になってしまった。
もっと言いたいことあるんだけど、またの機会に( TДT)ゴメンヨー

【コチラの記事もどうぞ】

マロンケーキ改良版レシピ

イタリアのイースター菓子コロンバを作り続けてみた

こちらの記事も一緒に読まれています



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!