低糖質料理のレシピを考えて作って食べてみた(豆腐ナゲット)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おからナゲット

巷で大流行の「低糖質ダイエット」。
ふく子も何度か挑戦してみては、やはり糖質への未練を断ち切れず今に至ります。
そもそも、低糖質ダイエットは母の腎臓病を悪化させるので、低糖質料理は頻繁には作れないのよね。
腎臓病食と、ダイエット食、どちらも作って食べればいいじゃんと思うかもしれないけど、あれもこれもできるほど、ふく子は器用じゃないのよ・・・。

今回は、豆腐の詰め放題(詳しくは過去の記事を見てね)で、大量の豆腐が冷蔵庫にあったため、実験的に低糖質ダイエットレシピを考えてみました。

夢彩都の安火曜市で豆腐と納豆詰め放題
長崎市民御用達の「ゆめタウン 夢彩都」。 ちょっと前まで、お高いスーパーなんだろうと思ってあまり利用してませんでした。 ところが、毎週火...

今日はその一部をご紹介。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

低糖質ダイエット用のレシピを試してみたよ

一番美味しかったのは、豆腐とツナのナゲット
公開されているレシピの多くが、小麦粉をつなぎとして使っているため、その点を改善。
たんぱく質たっぷりのナゲットになりました。

豆腐ナゲットの作り方

豆腐ナゲット

【材料】
・豆腐150g(今回は、詰め放題の充填豆腐使用)
・ツナ水煮缶 1缶(オイル使ってないやつ。汁も使うよ)
・卵 1個
・おから 適量
・好みの香辛料

1.材料すべてを混ぜ合わせる。
2.好きな形に整えて、油をひいたフライパンで焼く。

揚げずにフライパンで焼くだけなので、ヘルシーなはず。
塩をしていないのは、ツナ缶自体に味がついているから。
食べる時に、ケチャップなどを付けることを想定すると、この程度の塩分がよかろうと思ったわけです。
塩分、皆さんも気を付けてね。摂りすぎはよくないよ。

作り立てはもちろん、冷めても美味しいですよ。

おからナゲットの注意点

★おからの分量について
おからの分量は、種類によって違ってくるので「適量」としてあります。
生おから、ドライおからのどちらで作っても構いません。
今回は、粗めのドライおからで作りました。

生地が固めだと、ぎゅっと詰まった感じの仕上がり。
柔らかめだとしっとりした仕上がりになります。
好みで調整してください。

★日持ちについて
日持ちは、味付けがシンプルな分冷蔵庫で長くて3日と考えてください。
おからは腐りやすいですから、ちょっとでもおかしいと思ったら、廃棄しましょう。
冷凍して、その都度レンチンして食べることをお勧めします。

★食べる量について
おからナゲットは、美味しくて何個でも食べられます。
普通のナゲットに比べたら、揚げてないしヘルシーだし、いくら食べても良さそう!
でも、おからを食べ過ぎると、便秘になります。
また、たんぱく質の摂りすぎで腎臓を悪くするケースもあります。
だから、食べ過ぎは厳禁!!
ちょっとたんぱく質不足、食物繊維不足というときに、ぱぱっとつまんでください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク