マロンケーキ改良版レシピ

昨日、贅沢マロンケーキのレシピを紹介しましたが、やはり自分で納得できなかったので、配合を変えて再度挑戦。
栗の粉のガリガリとした食感が気になったので、配合を減らしました。
その分、栗の風味をアップさせるために栗ジャムを加えてみました。
贅沢度がどんどんアップしていってますが、栗好きにはたまらないケーキです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マロンケーキ改良版

栗ジャムは、栗の渋皮煮を作った際に煮崩れたものを、フードプロセッサーでペースト状にしたものです。
今回は、完全にペーストにしたものではなく、若干つぶつぶが残ったものを使用しました。
市販の栗ジャム(ボンヌママン)や、マロンペーストで代用可能です。

材料と作り方

千代田金属工業(chiyoda)マロンケーキ型6個取 3枚分
【材料】
・無塩バター 200g
・塩 ひとつまみ
・粉砂糖 200g
・卵 4個
・薄力粉 150g
・栗の粉 50g
・ベーキングパウダー 3g
・マロンジャムもしくはマロンペースト 100g
・マロングラッセもしくは栗の渋皮煮や甘露煮 好みの量
・ラム酒またはブランデー 小さじ2

栗の粉って、こんな感じです。
栗の粉

ね、なんとなくきな粉っぽいでしょ?
振るっても、粗い粒子が残ります。

【下準備】
・バターは室温に戻して柔らかくしておく(指で押して潰れるくらい)
・粉砂糖はふるっておく
・卵は殻ごと室温に戻しておく
・マロングラッセもしくは栗の渋皮煮や甘露煮は、好みの大きさに砕いておく
・薄力粉、栗の粉、ベーキングパウダーは、合わせてふるっておく
・型に油を塗るか、ベーキングシートを敷く
・オーブンを190度に温める

【作り方】
1.ボウルにバターと塩を入れて、バターの塊がなくなるように、泡だて器で滑らかになるまで混ぜる

2.1に粉砂糖を加えて、白っぽくふんわりなるまでさらに混ぜる

3.卵を1個ずつ加えてその都度よく混ぜる

4.薄力粉・栗の粉・ベーキングパウダーを、2~3回に分けて加え、その都度ゴムベラでよく混ぜる。この時、下から生地をすくい上げるように持ち上げ、手首を返しながら混ぜるとよい。

5.マロンジャムを加えてざっくり混ぜる
栗ジャム加える

6.渋皮煮もしくはマロングラッセを加えて、ざっくり混ぜ合わせる
マロングラッセを加える

7.ラム酒を加えて、ざっくり混ぜ合わせる
生地完成

8.型に生地を流し入れ、180度(余熱は190度、焼く際に180度に下げる)で焼く。時間は、パウンドケーキ型などの大型のものなら30分~、小さい型でいくつも焼く場合は、15分~。

焼き上がりは、竹串などで刺して確認して下さい。
生っぽい生地がついてこなければよいです。
マロンケーキ

キューブ型で焼いたものを半分に割ってみました。
キューブ型

栗がごろんと入っていて、食べごたえ抜群です。
栗の甘露煮もしくはマロングラッセは、あまり小さくせずに大きめに砕いて入れた方が良いですね。

より栗の香りを楽しもうと、バニラビーンズもバニラエッセンスも加えませんでした。
また、栗ジャムもしくはマロンペーストを加えたら、混ぜすぎないように。
その方が、栗の風味を贅沢に味わえます。

こちらの記事も一緒に読まれています



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!