【ウイルス対策】バリエールブロックマスクとバリエールEXマスクの違い

シェアしてね(^-^)

バリエールEX

新型コロナの感染者数が、毎日過去最高を記録してますね。

長崎でさえクラスターが発生。

もういつどこで新型コロナウイルスに感染してもおかしくない状況になってきました。

ふく子はね、自分が死ぬのは構わないんだけど、家族や周囲に迷惑はかけたくない。

だから、しっかり対策をしてるつもりです。

手洗いうがいはもちろん、しっかり栄養を摂取するようにしています。

ちょっと睡眠ができてないので、そこは要改善なんだけど・・・。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型コロナウイルス対策に備えたいマスク

さて、新型コロナウイルス対策として、皆さんもう手放せなくなってるのが「マスク」。

外出時は必需品になったよね。

まあ、ふく子は家族が免疫不全だったので、常にマスクして歩いてたんだけど、慣れてない人は大変。

着け方を間違えてたり、安すぎるマスクだと予防効果もない。

そこで、前回、ウイルス不活性化機能を持つという画期的なマスクをご紹介しました。

その名も「バリエールEX」マスク!

読んでない人は、過去記事を見てね。

通販で買える日本製マスク「バリエールEX」は一家に一箱常備しておきたい一品
ここ数日で、すっかり寒くなってきましたね。 いよいよ冬も本番。 毎年この時期になると、インフルエンザや風邪の予防のためにマスクを...

特許技術を使用したフィルターで、ウイルスを99%除去してくれるという優れもの。

体内に99%ウイルスを入れないというのが素晴らしい技術なんです!!

1枚1枚個包装になっていて、開封してから8時間は効果が持続

開封しなければ製造から15年間は効果を維持できる。

そんな素晴らしいマスクなので、備蓄用として官公庁や自衛隊、大企業への納入実績もある。

だがしかし、50枚入り16,500円。

1枚当たり330円と、使い捨てマスクとしては高価なため、個人で買う人が少ないらしい。

・・・もったいない。

こんなに素晴らしいマスクが、もっと個人間に広まれば感染拡大が防げるかもしれないのに。

そう思っていたら、知人から同じマスクが楽天で安く売ってたよーとの情報。

え?マジ?

楽天市場オタクの私が知らないなんて恥やんけ( ;´Д`)

と、慌てて検索してみたところ、ありました。

確かに、「バリエール マスク 」でヒットします。

だけど・・あれ?

ちょっと待って。

私が紹介してるのは、「バリエールEX」マスクです。

楽天市場でヒットしたのは「バリエールブロック」マスク。

なんか違うんだけど(~_~;)???

自信を持ってお勧めする商品に疑問が残ってはいけない。

そう感じて、早速バリエールブロックマスクとバリエールEXマスクの違いを探ることにしました。

バリエールブロックとバリエールEXの違い

まずはそれぞれの機能を比較してみます。

マスクの種類 機能
バリエールブロック ・マスクに付着したウイルスを不活性化

・飛沫の水分が蒸発しても、ウイルスが体内に入らない

バリエールEX ・マスクに付着したウイルスを、ほぼ瞬殺

・飛沫の水分が蒸発しても、ウイルスが体内に入らない

ほとんど同じというか、全く同じですね。

ならば、素材に違いがあるのだろうか?

マスクの種類 素材
バリエールブロック ・BR-P3

・高性能撥水性フィルター

バリエールEX ・BR-P3

・高性能撥水性フィルター

いや、同じだった(;´Д`)

くっそー。

何が違うんだよ?

と、普段は埋もれている目を皿のようにして比較を続けたところ、いくつかの違いを発見!!

マスクの種類 異なる点
バリエールブロック ・未開封での保証期間10年

・製造元は、株式会社モチガセ

・販売元は、有限会社大 志

バリエールEX ・未開封での保証期間15年

・製造元は、マスクミュージアム株式会社

・販売元は、マスクミュージアム株式会社

ほうほう、まず一つ目の違い。

品質の保証期間が、なんと5年も違います。

バリエールEXマスクの方が、より長く品質を保つことができるんですね。

そして、二つ目の違い。

販売元が違います。

ただし、どちらも鳥取県の会社でした。

株式会社モチガセは先見の明があったのに倒産!?

鳥取県でどうしてこんなに高機能の優秀なマスクの取り扱いが多いのかと疑問に思いました。

そこで調べてみたところ、興味深い事実が判明。

バリエールブロックマスクの製造元である、株式会社モチガセは、なんと倒産した過去があったみたい。

鳥取大学と共同開発した、ウイルス不活性マスクを長らく製造販売してたんだって。

だけど、1枚300円の使い捨てマスクは、ウイルス感染症のピークが過ぎると売れなくなって・・・(´;ω;`)

結局、マスク工場を手放したのですが、それを譲り受けたのが販売元の有限会社大志というわけです。

譲り受けた際、パンデミックが10年に1度起きるから、材料とか捨てないでねって言われたらしいよ。

そしたら、本当に新型コロナが発生。

すごい先見の明!!

言いつけをしっかり守ってた有限会社大志さんも偉い!

2つの会社のお陰で、今年の4月から工場を再稼働させてるんだって。

さらに調べを進めたら、

株式会社モチガセの代表取締役社長=バリエールEXの販売元の代表取締役社長

だった\(◎o◎)/!

ということは?

バリエールブロックマスクとバリエールEXマスクは、同じ会社が作ってる製品ってこと!?

確信が持てないので、わかり次第追記しますね。

※わかったので以下に追記しました↓。

バリエールEXマスクとバリエールブロックマスクの違いが判明!!

マスクミュージアム株式会社に問い合せしたところ、丁寧な回答をいただきました。

その結果、バリエールEXマスクとバリエールブロックマスクの決定的な違いが判明。

バリエールブロックマスクは、有限会社大志が販売しています。

先ほども述べた通り、この会社が、株式会社モチガセの工場を安く買い取りました。

そして、バリエールブロックというマスクを販売。

一見、何の問題もなさそうに思えます。

ところがどっこい。

実は、ウイルス不活性機能の原料は特許を取得しているもの。

ということは、勝手に製造販売してはいけませんよね?

でも、有限会社大志は、特許権者に断りもなく販売をしているとのことです。

さらに、実はバリエールブロックの原料は、株式会社モチガセが10年以上前に製造したものを使用。

だから、品質保持期間が5年も違うのか(;´Д`)!!

そういえば、バリエールブロックの製造元が「株式会社モチガセ」なんですよ。

不思議だなーと思ってたんですが、そういうことだったのね。

なるほど、納得です。

確かに、材料を捨てるのはもったいない。

けど、特許権者に断りもなく使っちゃいかんよね。

ウイルス対策に使い分けしよう

自分で調べた結果、どうやらバリエールブロックマスクとバリエールEXマスクは効果に違いがなさそうです。

念のため、マスクミュージアム株式会社に問い合せてるんで、回答が来たらまたお知らせします(^-^)

効果に違いがないのであれば、どちらを買おうと構わない!

問い合わせの結果、バリエールブロックは、古い原料で製造されていることがわかったのでお勧めできなくなりましたm(__)m

その代わりと言ってはなんですが、ふく子の申し出を受けて、マスクミュージアム株式会社も動いてくれたよ。

試し買いするなら10枚入りのバリエールEXがおすすめ

バリエールEXマスクは、残念ながらバラ売りがありません。

しかし、高くて買い求めにくいと進言したところ、10枚入りを販売してくださることになりました!!

1枚当たりの価格は変わりませんが、ちょっと試しに買ってみたいという方にぴったり。

10枚3,300円です。

以下のリンクから購入しようとすると、「50枚入りの購入はコチラ」ボタンしかありません。

ですが、そのまま進んで大丈夫。

商品選択画面で選択ができますよ(*^^)v

いざという時に備えておきたいならバリエールEX

結局、バリエールEXが最大のお勧めマスクという事実は変わりませんでしたね(^▽^;)

いざという時の備えにするならば、やはりバリエールEXマスクをおすすめします。

なぜならば、品質の保証期間が15年もあるから。

品質の中には、ウイルス不活性機能だけでなく、耳ゴムも含まれます。

バリエールブロックマスクより、5年も長くそれらが保証されるわけです。

特許権者が製造販売してるし、なにより新しい材料で作ってるから安心。

備蓄用にはバリエールEXマスクですよ、奥さん!

ていうか、新型コロナの流行が拡大しているいまこそ、まさに「いざという時」だよね。

買って損はないですよ。

儲けたくていってるわけじゃないんよ。

本当に、もうこれ以上感染拡大させたくないんだよ。

万が一感染して悪化したら、家族に看取られることもなく、葬儀すらできない。

そんなの悲しすぎる。

それを防ぎたいんです。

お金に余裕があるなら買いたいマスク

今まで散々バリエールEXマスクについて書きなぐってきましたが、更にすごいマスクを見つけちゃった。

はい、これ。

JAPAN99マスク。

お察しの通り、バリエールEXマスクの仲間です。

ちゃんと特許権者が製造販売しています。

機能はバリエールEXマスクと同じですが、形が違います。

なんつーんですか、天狗マスク?

あんな感じ。

JAPAN99マスク画像はhttp://www.kyoto-su.ac.jp/news/20201209_330_kifu.htmlよりお借りしました

左がJAPAN99マスク、右がバリエールEXマスクです。

マスクの種類 違い
JAPAN99 ・5層構造

・20枚入り

バリエールEX ・4層構造

・50枚入り

バリエールEXマスクよりも、1層多い構造になってます。

特徴としては、

医療機関で使用されているN95マスクと同程度の密着度

息苦しくない

ということで、医療従事者にぴったりのマスクのようです。

お値段ですか?

はい、20枚で13,200円

1枚あたり660円なり_(´ཀ`」 ∠)_

ですが皆さん、私は何度でも言うよ。

これで家族の命が守れるなら、感染拡大が防げるなら、試してみる価値があるんじゃないでしょうか。

県外で保健師をやってる従妹が、新型コロナ感染者と同じ車に乗らなければならないと聞いて心が痛みました。

JAPAN99マスクかバリエールEXマスクをプレゼントしようと思います。

どうか彼女が感染しませんように・・・。

※クリスマスプレゼントとして、バリエールEXマスクを贈ったよ(*´ω`)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク



error: Content is protected !!